交差交流

kousa前書いた「相補交流」ってのは、相手が期待通りの返事を返してくれる場合だったよな。同じパターンで、後輩がヘマした時の会話を考えてみるぞ。自分は先輩だぜ。

①「お前、今日は全然動けなかったじゃねーっか!気合入ってんのか?」

って、後輩を説教する。もち、後輩が謝れば、先輩の期待どおりの相補交流になるんだが、オレみてぇ~にち~っくら鼻っ柱の強い後輩で、

②「今日負けたのは、先輩の作戦ミスです。敵にこっちの作戦が読まれてました。あの場面で、こういう指示してりゃ~、勝ってました。」

って反論したら、どうなる?この場合は、具体の理由を言ってるから、A(理性)からAに語り替えてるんだが、最初にいった先輩の期待どおりの回答じゃねーだろ。左の図のように矢印が交差しちまってる。こういう対話を交差交流って言うんだが、期待と違う回答が返ってくるもんだから、ち~っくらストレスがかかるんだよな。

もち、先輩が人間が出来た奴で、③の発言で理性的に返してやりゃ~上手く続くんだが、①で取ったCPの態度のままだと「なにを生意気な!」ってなことになっちまうよなぁ~!

これが二つ目の対話パターンだぜ。