モノの見方

mikata同じ物見ても、感じることって人によって違うよなぁ。なぜだろうって思ったことねーっかぁ~?見えてる事実は一つであっても、こころに映る事実はバラバラって訳だ。これも、やっぱ認識の問題だよなぁ。

物の見方、考え方って、3つの点から違いがあるって言われている。

一つ目は、視点。どんなことに、何に注目するかってこと。これは、そいつが持ってる価値観とか思考回路に影響されるんだろ~な。

二つ目は、視野。どの範囲で見るか、考えるかってこと。虫眼鏡で拡大して注目して見るか、鳥のように大空から眺めて全体の中の位置づけとして捉えるかによって、同じものを見ても違うもんだよな。

三つ目は、視座。どんな立場で見るか、考えるかってこと。同じ映画見るんでも、観客としてみるとの、興業者としてみるのとでは捉え方が違うだろ?興業者としちゃ~、自分の趣味に合おうが合うまいが、大勢客が入るかどうかの方が問題だかんな。

ビジネスシーンでもプライベートでも同じなんだが、相手を説得しようとするとき、どういう目で見てるのかっての考えとかなと、なかなか上手くいかねーぜ。上手くやれよ!