良薬

sikaru良薬は口に苦し

これって、孔子の言葉だが、これで終わりじゃなくて、「良薬は口に苦けれど病に利あり。忠言は耳に逆らえど行いに利あり」って続く。確かにそ~だよな。

でも、最近はこれが成り立たないらしい。薬は飲みやすくなるし、社員育成もスパルタ式より共鳴式が重視されるようになってきてるからな。

別に、飲みやすくなるのは歓迎なんだが、ストレスがないのがいいってのは、ど~なんだろうって思うことがある。

「人って化ける」・・・人間的に大きくなるって意味な・・・って言われるが、それってストレス・逆境を跳ね返す時に起こるような感じがするんだよな。やっぱ、苦みも必要だよな。