逍遥学派

riman今朝もすんげー晴れて、寒かったよなぁ。って言っても、マイナス0度で、平年より5度くれぇ~高いそうだが。

で、その寒い中、いつものとおり、30分くれぇ~テクテク歩いて出勤したんだが、その途中で、ひょっと思ってしまったのだ。太陽の熱で昼は暖かくなって、夜は寒くなるんだが、太陽の熱エネルギーが届かなかったら、地上の気温は何度になるんだろうなってな。

太陽から受け取る熱と、地球から放出される熱がほぼ均衡してるんだろうが、太陽から熱が届かないと、出てくだけだから、どんどん気温は下がる。でも、分子活動が停止する絶対零度以下には下がりようがない。っちゅうことは、地球の気温は絶対0度に限りなく近づくってことか?

でも、本当にそうなのか?エネルギーって熱エネルギー以外にも、運動エネルギーとかいろいろあって、相互に変換できるよなぁ。太陽の熱が無くても引力は働くだろうから、運動エネルギーが0になるこたぁ~ねーよなぁ・・・うんだったら、地球が放出するエネルギーと、地球圏内の引力から生じるエネルギーとが、どっかで均衡して、気温はある程度下がったら一定になるのか・・・・

なんせ、根っからの文系人間だから、理系んことはさっぱり分からねーが・・・・毎朝、こんなど~でもいいこと考えながら通勤してたりする。そうすると、30分は長くはないぜ。徒歩通勤続けるには、いい方法だろ?