きりん

kirinキリンって知ってるよなぁ。あの首がすんげー長い動物。で、漢字で書くと麒麟だろ。

麒麟っていうのは、龍とか、白澤とかと並ぶ中国の聖獣で、すんげー昔から崇められてたんだが、そんな昔からアフリカ大陸にしかいないキリンのこと知ってたんかねぇ・・・って思ってたんだ。この前やっと分かったぜ。

やっぱ、キリンと麒麟は別物。明の時代の鄭和っていう将軍が、アフリカまで行って、いろんな猛獣捕まえて来た中にキリンも居て、その猛獣をもらった永楽帝っていう皇帝が、「キリンは伝説の麒麟に似てるなぁ。」って宣ったらしい。それが日本に伝わって、キリン=麒麟ということになったらしい。

でも、中国じゃ~、今は、キリンのことは麒麟じゃなくて長頚鹿って言うらしいが。日本に伝わったのは何だったんだろぉ~ねぇ。