年齢

c_m08_p05今日誕生日の奴は、誕生日が4年に1回しかこないよなぁ。いつもの年は、28日にお祝いしてもらってんのかなぁ?それとも1日っかぁ?

ところで、年齢ってどう数えるか知ってるっかぁ?「年齢計算ニ関スル法律」ってのがあって、数え方が決まってるんだが、それによると、誕生日の前の日の午後12時をもって、加齢することになっている。

だから、日の単位で言うとすると、2月29日生まれの奴は前の日の28日に、一つ歳を取ることになるのであった。このせいで、小中学校の学年は、4月2日生まれから翌年の4月1日生まれまでが同学年になることになっている(4月1日生まれの奴は前の日に3月31日に歳を取ってしまうから。)。

なんか、常識と違うよなぁ~!!誕生日でバースデーケーキのロウソクを吹き消した日で年を取るってんが自然だと思うが。

九分九厘

base問題「9分9厘」ってんは何パーセントのことだ?

99%って答えた奴は偉い。昨日、ダチからメールもらって気づいたんだが、ひょっとして、9.9%だと思ってる奴がいるんじゃねーかなって思ったとこ。

野球なんかで、打率0割9分9厘って言うの9分9厘は9.9%で合ってるんだが、元々「分」ってのは1/10って意味で「厘」は1/100って意味だぜ。でも、この場合、前にある「割」の1/10,1/100って意味になるんで、1/100、1/1000って意味になっちまうんだよな。

本来の日本の単位数詞は、・・・百、十、一、分、厘、毛・・・って具合なんだぜ。「割」って言うのは、この数詞の列には入っていない。なんで、割って言う特別の単位が入って来ちまうと、分は割の1/10、厘は割の1/100って意味になっちまうのであった。

なんで、0割9分9厘は9.9%、9分9厘は99%のことなのであった。「五分五分」ってんは、半分半分って意味だしな。

彼我

higa海の向こうの選挙は、なんかおかしな状況になってきたような感じがするよなぁ。ある新聞社が、特定の候補の選出を阻止しようとする記事を載せたりしている。もちろん、言論の自由というのがあるだろうから、その記事を載せたことが悪いというつもりはねーんだが。もともと、その候補者も、かなり衝撃的っていうか、扇動的なこと主張してるみてぇ~だし。

でも、いろんな社会的な問題が起きたときに、その解決策として「排斥」を選択するのは危険だと思う。あまりにも急激な変化を避けるための、緊急避難としての最小限のコントロールは必要なんだろうが。

合衆国って国の中から見れば、外から問題が入り込まないようにしようとするのは分からなくもねーが、それでいいんだろうか。もっと根っこの方の問題を解決しねーと・・・自分たちの外にある問題も自分たちの問題として考えてかねーと・・・これまで人類が犯してきた過ちを繰り返すだけなような気がする。

物事を彼我に分けて考えると考えやすいが、それって、たぶん部分最適にしかなんねーよな。

時間距離

sinkan北海道新幹線の開業まで、あとちょうど1か月。今、盛岡・新函館北斗が1時間50分で結ばれるらしい。時間距離が1時間以上縮まるぜ。

うんでも、この時間距離ってのが曲者で、県内で移動するより、県外の方がはるかに短いんだよなぁ。それだけ、高速交通網の整備状況にはムラがあるってことなんだろうか。公共交通で行くとすると、盛岡から沿岸南部の大船渡まで3時間かかる。

うんでも、盛岡を起点にすると、青森1時間、秋田1時間20分、仙台40分、山形2時間20分、福島1時間20分で、東北の各県庁所在地に行く方が早い。おまけに、東京まで行っても、2時間10分だから、おつりが来るってなもんだぜ。

時間距離の地図作れば、普段見てる地図と思いっきり違う形になっちまうんだろぉ~なぁ。

重ね

kasane二月って如月(きさらぎ)って言うよなぁ。一説には、着るものを重ねて着る季節だから「きさらぎ」って言うらしいぜ。

服ん色って言えば、束帯の場合は位階によって色が決められちまってるんだが、十二単なんかの場合には色を重ねるって工夫があって、いろんな重ね方が決められてるらしいぜ。日本の文化の一つなんだろ~なぁ。

ちなみに、春の重ねには「壺菫(つぼすみれ)」や「青柳(あおやなぎ)」がある。今じゃ~、こういう季節の色合わせってのは、ほとんど見られねーけどな。

こ~いう伝統を、どっかに残しておいて欲しい気もするぜ。

名前

caln普通、いろんな定理や原理の名前って、発見者や提唱者の名前が付くよなぁ。これって、そいつが頑張って発見したんだから、当然だと思うんだが・・・

今日24日は、現行のグレゴリオ暦が発布された日なんだが、これって、「グレゴリオさん」が計算して作った暦法ってことじゃなくて、この暦法を使えって命令したのがローマ法王グレオリウス13世だったもんで、グレゴリオ暦って言う。その前のユリウス暦も、「ユリウスさん」が計算したんじゃなくて、古代ローマの終身独裁官ユリウス・カエサルが、これを使えって命令しただけなのだ。

前に、中国の正朔のことを書いたけど、西洋でも暦法ってんは多分に政治的要素が強いらしい。暦法って、純粋に自然科学的な計算方法だと思うんだが、不思議なもんだよな。

それんしても、正確な暦法を作るために、一生懸命天体を観測して計算した奴の名前が残らねーなんて、なんかかわいそ~だぜ。

100年

Ca-Hom8UUAAGN6r1916年にアインシュタインが一般相対性理論を発表して、重力波の存在を言ったらしい。それから100年経って、その重力波の検出に成功したってニュースが届いた。

これって、すんげーって思わないっかぁ?もち、重量波を検出した奴らもすんげーけど、それを100年も前に予言してたんだぜ。つまり実験じゃなくて理論の世界で積み上げたってことだもんなぁ。人間って、すんげーよなぁ~。周りの世界に順応するだけじゃなくて、自分の頭の中にも、正しい世界を作れるんだもんな。

ほんと、すんげー尊敬しちまうぜ。オレも、理系に進むんだったなぁ~・・・って、物理があんまし好きじゃなかったからなぁ・・・

150

oof去年の9月25日にブログ化して、今日で150回目の投稿だったのであったぁ。まぁ、我ながら、よく続いたもんだと思うぜ。

うんでも、書くネタがあんまし残ってねーなぁ~。もともと、出不精なもんで、休みん日もプールに行くくれぇ~なもんだし、味音痴で好き嫌いが激しいもんだから食い物にもあんまし興味がねーし、着る物なんて臭くなきゃそれでいいぜ・・・ってなもんだかんなぁ。

オマケに、テレビも映画もあんまし見ねーしなぁ・・・困ったもんだぜ。何かいいネタがあったら、こっそりオレに教えてくれよぉ。頼むぜ!

異端

jun異端審問って聞いたことがあるかぁ?中世のキリスト教なんかでも行われたんだが、ひとつの宗教の中で、正当でないと考えられる考え方を排除しようとする裁判のことだぜ。

カトリックはギリシャ語で「普遍的な」って意味らしいし、スンナは「規範」って意味があるらしいかんなぁ。どっちも、それぞれの宗教で正統っていう意味を表そうとしてるんだろうな。

時によって、異教との争いより、異端との争いの方が激しいらしい。いろんな考えがあって、いろんな価値観があって、世界が成り立っているんに、どうにかなんねーのかねぇ・・・

もっとも、八百万の神の考え方を持ち、そういう面に寛容かと思われる日本でも、宗派の争いってのは起こっている。なかなか難しいよな・・・

今日2月21日はジャンヌダルクの異端審問が始まった日。こういう歴史は繰り返して欲しくねーよな。

スキー

image今日から冬季国体のスキー競技が始まったぜぇ。もっとも、今日は開始式だけで、競技は明日からだが。競技は明日から安比スキー場でジャイアントスラロームがあるし、ほかの競技は田山スキー場だかんなぁ!

ちなみに、オレは岩手生まれで、岩手育ちなんだが、スキーが出来なかったりする。小学校ん時のスキー教室で転んだ時から、スキーはしないことにしてたりして。もっとも、中学ん時も、学校のスキー教室があって仕方なく行ったが、それ以来滑ってねーなぁ。

うんでも、安比スキー場には行ったことあるぜぇ。ダチが滑ってる間、ホテルのプールで泳いでなぁ。時間のある奴、是非来てみてくれなぁ~!