不得意

nob人には得意不得意が必ずあります。完全な人間なんてどこにもいません。完全であろうとすると、どこかで嘘をつかなければなりません。

今日読んだライトノベルスのセリフにあったんだが、これって、真実だよなぁ。他の奴らによく見られたいって思いがあって、どうしても、いいカッコしたがるのが人間ってもんだよな。

でも、自分の不得意を素直に認めることができたら、今の自分自身を素直に認めることができたら、どんなに人間関係が楽になるかなぁって思う。

なかなか難しいことだが、少しずつでも自分自身を素直に見つめれるよ~にならねーとな。