死に支度

siniこの世に一人しかいない自分という存在を先ず認めてやりなさい。人の目なんか気にしなくていいの、人間の幸福は自由に生きること、自分の心を見つめていればいい。

この前読んだ本に書いてあった。ほんと、素のままの自分を、いいところも悪いところもひっくるめて全部認めて、行動するってことが出来れば、人間って、もっと素直に生きられるような気がする。

周りの奴に、どう見られているだろう、どう思われるだろう・・・ってことばかり心配して、相手がいいと思う方向にばっか行動するのでは、何のために生きているんが分からなくなるし、不安いっぱいの暗い気持ちにしかならない。

自分を認め、そして相手も認め、そうやって、進んでいくしかねーよな。