大師

kuu1212年前の今日は、最澄と空海が中国に渡った日とされている。最澄は大乗菩薩戒を受け翌年、空海は伝法阿闍梨位を受け翌々年に帰朝している。

最澄は我が国の天台宗の始祖と言われてるし、空海は真言宗の始祖と言われるが、それぞれ、唐から最新の教義を得て平安仏教を開いたってとこなんだろうな。その功が認められて、最澄は伝教大師、空海は弘法大師の大師号が贈られている。

同じ時期に生きて、どっちも最大の称賛を受けて、二人はいいライバルだったんかなぁ?いろいろ行き違いもあったようだが、そう信じたいよな。やっぱ、人って競い合う相手がいてこそ大成するものだと思う。

そういう相手に巡り合えることができた奴は、すんげーラッキーなんだろうな。