異端

koukai1691年前の今日は世界で初めて公会議、第1回ニカイア公会議が開かれた日。公会議っていうのは、キリスト教の司教らが全世界から集まって行う会議なんだが、教義の確認なんかを行うこととなっている。

団体としての統一性を維持するための活動ってことなんだろうが、正統と異端を判断するような役割も担っていた。第1回ニカイア公会議では三位一体に疑問を持つアリウス派が否定され、異端とされた。その後も、ネストリウス派なんかが異端とされている。

ここでも、やっぱ、排除と粛清の論理が働いている。いつも思うんだが、なんで違いを違いのまま認めて共存することができないんかね?それが人間の性なんだろうか。すごく残念な気がする。