蝋燭

rousoku暗闇を呪うより 一本の蝋燭に火を点せ

聖書の中の一節で、国際人権救援機構(アムネスティ・インターナショナル)のシンボルマークがロウソクとされている所以とも言われている。

無いことを嘆いていても、前には進まない。与えられることを考え続けるより、今ある物、自分が今できることで何をするかを考える方がずっと健康的だよな。

55年前の今日は、その国際人権救援機構が設立された日。それから半世紀以上が経ったが、世界の不幸は減ったんだろうか。永遠の課題かもしんねーな。