4倍

明治になったばかりの日本の人口は3,311万人だったらしい。今は12,684万人だから、150年で4倍になったって勘定。まぁ、それだけ国が豊かになったってことなんだろうなぁ。

確かに、日本全体では4倍の人が住めるくらい豊かになったんだろうが、一人ひとりで見ればどうなんかなぁ。便利になったのは確かだろうが、豊かになったのは確かだろうか?

豊かさの測り方の一つに冗長性(ムダの大きさ)ってのがあるらしい。確かに、効率とかに縛られない自由な時間ってのも、人にとって大事なことの一つだと思える。

今日は、日本で初めて近代的な戸籍(壬申戸籍)が編成され、人口が測られた日。もう一度、豊かさを考えてみる時期なのかもしんねーよな。