名声

「大岡越前」って時代劇があったよなぁ。三方一両損だとかのお裁きで有名なんだが、実際は裁判官ってよっか都知事みたいな仕事が主だったらしい。実際、町火消を創設したり、小石川養生所を設立したり、行政関係の功績が挙げられている。

どこで、名裁判官ってイメージになったんかねぇ。まぁ、治世がすごく良くて、人々の暮らしが上向いて、感謝の意味でそういう噂になったのかなぁ。まぁ、いい人だったことには違いねーんだろうが。

今日は、そんな大岡忠相が南町奉行に登用された日。やっぱ、すんげー人望があったんだろうなぁ。