儀礼

日出ずるところの天子、日没するところの天子に書を致す

これ、聖徳太子が考えて、天皇から隋の煬帝に宛てた国書に記されていたとされる。もち、中国側から見れば、天子ってのは中国皇帝のことだから、天子を名乗るのは無礼ってこって、煬帝は激怒したらしい。うんでも、日本への返事には、「倭王」ではなく「倭皇」という字を用いて、気を使ったらしい。やっぱ、それが政治ってもんなんかねぇ。大人の対応っていえば大人の対応だよな。

今日は聖徳太子が遣隋使を送った日。近頃、この大人の対応ができなくて、すぐキレる大人が多くなってきた気がする。煬帝って皇帝としては落第らしいが、やっぱ皇帝だけあって、そこらへんは大丈夫だったらしいな。