古法

古法ニ非ズ、制禁セシムル事

「してもいいって決まりがなかったんだから、してはいけない。」って意味なんだが、これって変だよなぁ。昔からやってダメって決まってたからするなって言うんだったら、まだ分かるが。

この文章、江戸幕府が作った武家諸法度の中に出てくる。下っ端の武士は華美な物を着てはならないって決まりの根拠に、「昔は着ていいってことになってなかったから」ってことを理由にしている。黙って、無駄な贅沢は社会の敵だって言った方がスッキリすると思うんだけどなぁ。

今でもなぜか根拠は分からないが、変な「決まり」だけが残ってることが多いような気がする。それって、どっかで考え直さねーと息苦しくなるだけだよなぁ。今日は、そんな武家諸法度が発布された日。余計なこと書かなきゃ良かったんにな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です