袈裟

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ってことわざがあるが、やっぱそんなもんなんかねぇ。

1615年の大阪夏の陣で豊臣氏を滅ぼした徳川氏は、戦の後、秀吉を祀る豊国神社の取り壊しを命じている。まぁ、残党狩りの都合とかいろいろあったのかもしれねーが、天下が決ったのに大人気ないっていうか、余裕がないっていうか、如何なものかって感じだよなぁ。

大勢が決まった後は、寛容な態度示して、相手方だった奴らもこちらに取り込んだ方が安定が速いと思うんだが、昨日まで生死を争った奴を次の日から・・・てのは、なかなかできないものなんだろうねぇ。

今日は、徳川幕府が豊国神社の破却を命令した日。もう少し上手くできなかったもんかねぇ。