序列

日本では鎌倉以降武家が政権を担当してたんだが、天皇から委任を受けて執政するといった形を取ってきた。征夷大将軍って職自体が、朝廷の中の一つの職だかんなぁ。うんでも、これが怪しくなったことがある。

日本では紫って色が高貴な色とされてて、高僧に対して朝廷から紫の衣を贈るって習わしがあった。まぁ、朝廷にとっては副収入を得る手段にもなってたらしいんだが。うんでも、江戸幕府は朝廷と寺社が結びつきを強めるのは良くないってこって、禁中並公家諸法度を作った。部下が上司に対して、規則を作って命令したような形。

うんでも、上司(天皇)からみりゃ~そんなの面白くもねーから、無視して紫衣を贈り続けたんだが、幕府がそれは法度違反だってことで、無効にして僧侶から紫衣を強制的に取り上げるって事件が起きた。権限的に、将軍は天皇の上位に立つってことを天下に知らしめたってとこだよな。

うんでも、天皇制を廃することはなくて、そのまま天皇から将軍に任命してもらうって形はとり続けた。中途半端な感じがするが、日本的って言えば日本的だよなぁ。今日は、幕府が紫衣の勅許を無効にした日。昔も今も日本って変わってねーよ~な気がするな。