忍者

忍者っていうと黒い装束をつけて、身軽に飛び回る諜報員ってイメージなんだが、実際はどうだったんだろうなぁ。諜報って作戦の基盤にはなるが、主役にはなり難いかんなぁ。

江戸幕府では御庭番ってのを作って、大名とかをスパイさせてたらしいが、身分自体は低かったらしい。まぁ、すんげー手柄を挙げた奴は例外的に出世もできたらしいが。

今日は幕府が御庭番を作った日。映画みてぇ~に、今の企業には産業スパイってのが実際にいるんかねぇ?そいつらの待遇ってどうなんだろうなぁ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です