帰省

普通、故郷に戻るってうれしいもんだよなぁ。地元に残ってるダチと久しぶりに遊んだり、学校へ通った道を歩いて懐かしんだり。

うんでも、そういう帰省でないことがあった。まぁ、故郷に悪い思い出があって、戻りたくないって奴も数の中には一人二人はいるんだろうが、そうではない帰省。

第二次世界大戦が激しくなると学童疎開ってこって、小学生とかは親と離れて、田舎に避難した。国が勝つまでの我慢ってことだったんだろうが、小さな子供たちにとってはすんげー辛かっただろうなぁ。

うんでも、もっと辛かったのは戦争が終わって帰ってきた時じゃなかっただろうか。家は焼け落ち、多くの子どもの親たちは亡くなっていた。子供たちも、その両親たちも何も悪くねーのにな。

今日は、疎開した学童が戻り始めた日。二度と、子供たちをこんな目に遭わせるべきじゃねーよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です