皇帝

皇帝っていうと、オレは中国の皇帝とかハプスブルグ家とか、オスマン帝国って旧大陸のイメージがあるんだが、そうでもないらしい。まぁ、多くの民族(国)を従えるのが皇帝だとすれば、どこの大陸に居たっておかしくはないし、実際居たと思うんだが。

でも、日本の世界史教育の影響なんかねぇ。旧大陸以外の地域が世界史の教科書に登場するのは、かなり新しい時代になってからだかんなぁ。その地域は、それ以後の歴史しかないように見えちまう。これって、事実の問題じゃなくて、教育の問題だよなぁ。ここら辺も改めてかねーと、いつまでだっても偏見が無くならないような気がするんだよなぁ。

今日は、ポルトガル国王がブラジル皇帝として即位した日らしいが、アメリカ大陸にも、これより前にも多くの皇帝がいたんだろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です