離脱

竹の園生の末葉までやんごとなき」って言ったのは徒然草らしいが、戦後宮家の多くの方々が皇籍を離れたことがある。敗戦を迎えて、いろんなことを変えなきゃなかったことの一端だったんだろうが。

昭和22年の今日、皇籍を離れた皇族は51人。今でも女性の皇族は結婚によって皇籍を離れることがあるんだが、この時は男系血統の宮家も皇籍を離れている。まぁ、昔から臣籍降下ってのはあって、源氏や平氏とかはその一族らしいんだが。

最近少し静かになったが、ちょっと前まで皇位継承の課題として、男系皇族の減少が言われてきた。なかなか難しい問題なんだが、本来どうあるべきなんだろうなぁ。一度離れても、皇籍に戻れるのがいいんか難しいところだよなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です