姓名

今は姓も名字も同じようなようなもんなんだが、元々は別のものだったらしい。

日本でも昔は「八色の姓」とかという制度があって血統=家柄を示すものとして使われていた。それに対して、「氏」ってのが家族グループみたいな感じなのかなぁ。例えば徳川氏も姓は源氏なんだが、一族の名前としては徳川を使っている。

中国や韓国なんかでは儒教の影響で血統を大事にしているらしくて、結婚して同じ家族になっても血統を表す姓は変えようがないから、夫婦別姓ということになっている。まぁ、それぞれの文化ってことだから、どっちが良くてどっちが悪いってことではねーんだが、そこらへんが怪しくなった時代がある。

戦前、朝鮮半島は日本の一部だった時代もあって、日本風に夫婦同姓にさせるべく「創氏改名」ってことが行われた。今日はその創氏改名が発布された日。朝鮮の人たちも同じ国民なんだから日本人と同じようにってことだったんだろうが、それはどうだったんかなぁ。自分たちの文化を否定させるってことになっかんなぁ。