119

昨日は1月18日で「118番の日」だったんだが、今日は1月19日で「119番の日」かっていうとそうでもないらしい。まぁ、119番はガキでも知ってるから、周知を図る必要がねーってことなんだろうなぁ。

うんでもって、何の日かっていうと「家庭消火器点検の日」らしい。何年か前に寝室とかには警報機付けろってことになって、オレん家でも付けたんだが、消火器はあったかねぇ?10年くれぇ~前にはあったような気がするが、最近はとんと見かけねーが。これじゃ~、火事が起きても使いようがねーよな。

オフクロにでも聞いて、確かめてみっかぁ。みんなも、忘れねーうちに見つけといた方がいいぜぇ。いざという時が何時来るか分かったもんじゃねーかんな。

118

110って警察で、119が火事・救急で、117は時刻、177は天気予報だよなぁ。うんじゃ~、118って何だか知ってるっかぁ。

118を回すと海上保安庁に繋がるんだが、海の事故だとか人命救助とかの緊急通報に使われる番号だったりする。前に海猿ってドラマがあったが、あ~いう感じの対応が必要になったときの番号。うんだから、イタズラに掛けちゃダメだぜぇ。まぁ、118を知らないで110とか119に掛けても、転送してもらえるそうだから、心配は要らねーが。

こんな具合に118ってあんまし知られてねーから、海上保安庁は今日1月18日を「118番の日」って定めてPR活動を展開してるらしい。うんでもやっぱ、役所ってPR下手だよなぁ。あんまし聞いたことがなかったりする。

征服

戦争って無くならないよなぁ。征服ってそんなに魅力的なことなんかなぁ。自分の意のままになる奴隷を作ろうって思ってんのかなぁ、一時的にそんなもん作ったって、長続きする訳ねーのにな。

イラクがウェートを征服したのはけしからんということで、27年前、多国籍軍が編成されてイラク攻撃が始まった。湾岸戦争っていうんだが、戦後処理とかの問題もあって、この戦争だけで終わらずイラク戦争に繋がっていく。クェートを征服して、その富をイラクの繁栄に使うってことだったんだろうが、なんか変な考え方だよなぁ。そもそも、自国と他国って分けて考えるから、変な考えになると思うんだが。

今日は、多国籍軍が湾岸戦争を始めた日。そもそも国って何のためにあるんだろうねぇ・・・って思っちまうよなぁ。

2日

1月16日は「藪入り」。15日が小正月で、その翌日ってこって江戸時代の奉公人が暇をもらって実家に帰れた日らしい。

うんでも、江戸時代の奉公人が休めたのは、1月16日と7月16日の年2回の藪入りの日だけ。まぁ、労働っていう感覚が今とは違うだろうから比較は出来ねーんだが、週休2日の現代とは全然違うよなぁ。オレだったら、すぐ根を上げて実家に逃げ帰って来ちまいそうだぜ。

祝日が土曜に当たって損だとか何だとかってグチ言ってるようじゃ~、江戸時代の人から怒られちまうな。ち~っとは反省しねーとな。

政教

今は政教分離ってのが常識になってるよなぁ。宗教って何かということもあるんだが、世の良いあり方を示すってのも機能の一つであるような気がしている。もっとも、宗教の世界って反論のしようがないから、それが確かかどうかは分からないが。

もともと、「政」ってのは宗教祭祀を指している。政教を分離しない方が常識だった時代もある。その一方で、世俗と宗教界が争う ってのも世界中で起こっていた。同じ人間社会のことなんに、世俗か聖域かって 分けて考えるんも変な気もするが。

今日は、平氏が奈良の寺院を焼き討ちした日。世俗が宗教の教えに背いたんだか、 坊さんが世俗に介入したんだかは知らないが、正邪ってより、何かただの権力争 いにしか見えねーんだけどな。

期待

不満は相手への期待の裏返しだ。

これ、この間読んだ本に書いてあった。考えてみれば当然のことなんだが、人間、なかなか素直になれねーよなぁ。ちょっと文句を言われると、つい反論しちまいたくなる。そういう時、この言葉を思い出せるかどうかで、その後の人間関係は全然違うものになるんだろうなぁ。

・・・そう頭では分かっているんだが、なかなか上手くいかねーもんだよな。

試験

今日からセンター試験らしいなぁ。今年大学を受ける奴は焦らずに頑張ってきてくれなぁ。

このセンター試験、元は共通一次試験って言って、受験地獄を解決するってこって国公立大学の入試として行われたのが最初。1979年っていうから39年前だよぁ。うんでも、その頃に比べて受験地獄ってんは解消されたんかねぇ。なんか大学の序列化が進んだだけのような気もしてるんだが、どうだろう?

まぁ、なんのために大学の入るかって根本のところから見直さないと、どうにもなんねーよなぁ。いい所に就職するため・・・ってんだったら、試験制度を変更したって、いつまで経っても変わらないと思うが。

スキー

今日は、日本で初めてスキー指導が行われた日で、スキーの日になってるらしい。なんでも、教えたのはオーストリアの将校だったとか。

オレんところでも、山の方では結構雪が降るんで雫石とか安比とかのスキー場があるんだが、オレはスキーは全然できなかったりする。小学校で初めてスキー教室に行かされた時、全然滑れなくて、それで「オレ止めた!」の世界に突入してしまったって訳。中学でもスキー教室はあったが、ゲレンデの入り口のところで滑ったふりして、適当に誤魔化してたなぁ。

それんしても、あんなもんどこが面白いんかねぇ。冬でも暖かいプールん中で泳いでた方が、ず~っと気持ちがいいと思うんだが・・・って、今でも合理化規制しているオレがいたりする。

今日は塩の日。なんでも、上杉謙信が、塩の確保に悩んでいた敵の武田信玄に塩を贈った日ってことらしい。もっとも、旧暦の1月11日のことらしいが。

それが「敵に塩を贈る」って故事になって、カッコいいスタイルの一つにったんだが、どうなんだろうなぁ。戦略的に言えば、そんなことしないで相手の弱みに付け込んで一気に勝利を確定させた方が、戦が早く終わって余計な犠牲もなくていいような気がするんだが、日本人の美意識には合わないらしい。

うぅ~ん・・・オレだったら贈らないだろうなぁ。そ~いうところはすんげードライな奴だったりする。

新年会

今日の夜は新年会だったりする。もう3回目かなぁ。まだまだ予定は詰まってるが。

オレ、どっちかっちゅ~と宴会は大好きだったりする。ただ、一人で飲むことはなくて、晩酌もしない。飲むってよっか、酔ってみんなと騒ぐってのが好きってな感じだなぁ。んなもんで、宴会ん間は一生懸命飲んでバカ話しばっかしてたりする。いつも同じパターンだな。

さて、今日の帰りは何時かなぁ。明日も仕事はあるし、適当なところで帰れればいいんだが、そ~ならないのが宴会だよな。