今日は塩の日。なんでも、上杉謙信が、塩の確保に悩んでいた敵の武田信玄に塩を贈った日ってことらしい。もっとも、旧暦の1月11日のことらしいが。

それが「敵に塩を贈る」って故事になって、カッコいいスタイルの一つにったんだが、どうなんだろうなぁ。戦略的に言えば、そんなことしないで相手の弱みに付け込んで一気に勝利を確定させた方が、戦が早く終わって余計な犠牲もなくていいような気がするんだが、日本人の美意識には合わないらしい。

うぅ~ん・・・オレだったら贈らないだろうなぁ。そ~いうところはすんげードライな奴だったりする。