退位

なんでなんだか分からないが、本当のトップってのは「永遠に」っていうイメージがあるらしいよなぁ。皇位もそうだし、教皇位も原則そうなっている。もっとも、それじゃあまりに大変だってこって、日本でも生前退位が行われることになったが。

どうなんだろう。「願い」を一人の人に押し付け続けるってのはなぁ。サラリーマンだって定年があるんだから、みんなで感謝して、晩年は思いどおりできるようにするってのが当たり前のような気もする。

5年前の今日は6世紀ぶりにローマ教皇が生前退位した日。いろんな都合があるんだろうが、やっぱみんなで考えてかねーとなぁ。

心理

昨日は「思い」ってこと書いたんだが、人って「考え」のほかにも「感情」ってのがあるよなぁ。この二つって別物なんだか、元々は一つのものなんだかオレには分からねーが。

でも、全然分からないのが「放火」の心理。何か悪いことして、それを隠すために燃やしてしまうってのは分かるんだが、そうじゃなくて、火を点けること自体が目的っていうか快感っていうか、そういうのがあるらしい。どうなんだろう、火事なんて誰にとっても災いでしかねーと思うんだが、他人の災いが面白いってことなんかねぇ?よく分からない世界だ。

今日は、ドイツの国会議事堂や松山城とかが放火された日、年は違うが。こういうのって、どうすれば無くなるんだろうなぁ。

思い

82年前の今日、東京でクーデター未遂が起きた。いわゆる2・26事件って言われる事件。

軍部の一部が突っ走って大臣や軍の幹部を襲い、大蔵大臣、内大臣、陸軍大将が殺害されている。彼らにも主張があって日本を思う純粋な気持ちで行動したとは思うんだが、結果的に反乱軍とされて処刑されている。

この事件を思い出すたびに思うのは、正義って何だろうってこと。言い換えれば善悪って何かってことなんだが、たぶん、絶対の善ってのは無いのかもしれない。

思い込むと突っ走ってしまうことって、オレもままあるが、やっぱ、時々自分自身の考えを疑って考えてみることも必要なのかもしんねーよな。

価値

今物価がすんげー安定している。安定し過ぎているって方が正しいのかもしんねーが、これ別な言い方をすれば、通貨の価値が安定してるっていう意味にもなる。

うんでも、戦争とか失政とかがあると、通貨の価値がべらぼうに下がっちまうことがある。日本でも戦後スーパーインフレが起きたし、最近ではジンバブエで起きた。通貨ってのは、政府の信用度みてぇ~なもんだかんなぁ。そんなもんかもしれない。でもそれで済まないのが日々の暮らし。やっぱ、そういうことは起きねーよ~に、間違いのない政治家を選んでいかねーとな。

今日は日本で戦後のインフレ対策のために、預金封鎖が行われた日。こんな歴史は過去のものだけにしてーもんだよな。

スト

日本でも3・40年くれぇ~前まではゼネストだとかって大規模がストライキが頻発してたんだが、最近はあんまし聞かねーよなぁ。全体としては、それだけ待遇が改善されつつあるってことなんかなぁ。

その一方では、正規・非正規格差だとか、ワーキングプアの問題だとか、大きな問題が横たわっているともいわれている。どうなんだろう。少なくとも、以前より改善しつつはあるんだが、その改善に漏れている奴らが存在するってことなんかなぁ。

どっちにしても、困っている奴らがいるのは事実。社会全体で考えてかねーとダメだろうなぁ。

昨日は猫の日だったんだが、今日は「犬公方」で有名な徳川綱吉が生まれた日らしい。もっとも、悪法って言われてる「生類憐みの令」とかは最近評価見直しの機運もあるらしいが。

なんでもそうなんだが、基本的には正しくても、やり方が極端だったりすると、上手くいかないことって多いよなぁ。生類憐みの令もその類じゃなかったんかなぁ。生き物を大事にすること自体には異論がねーと思うかんなぁ。

これって、今の社会にも多くあるんじゃないかと思う。自分でいいことだと思っても、周りの奴らの考え方とかいろいろ聞いてからやんねーと、結果が出ないことがある。気付けてかねーとな。

今日は、2(ニャン)2(ニャン)2(ニャン)で猫の日らしい。オレ、犬を飼ってたことがあるんだがネコも好きだったりする。

でも、犬と猫ってペットの双璧だと思うんだが、かなりタイプが違うよなぁ。犬ってんはどっちかっちゅ~と「甘えん坊の弟」っていう感じなんだが、ネコって「ちょっとすましてる奴」って感じがしている。まぁ、どっちも可愛いのには違いないからいいんだが。

みんなはどっち派だぁ。オレは、どっちか一つってなると、なかなか選べねーなぁ。

神様

受験シーズン真っ盛りで天満宮にお参りに行った奴も多いと思うが、元々天満宮は悪霊鎮魂の神社だったらしい。この場合に悪霊ってのは菅原道真で、藤原氏に貶められて左遷させられたのを恨んで悪霊になっちまったって話し。

まぁ、菅原家って元々学者の家系らしいから学問の神様ってのも間違いないと思うんだが、道真が死んでから天変地異が続いたんで悪霊ってことになった。どっちかっていうと藤原氏の方が悪魔のような気がしねーでもねーが、日本では荒神様って災いをもたらす神様も偉い神様だってことになってっかんなぁ。それとも悲劇のヒーローって感じなのかなぁ。

この天満宮、八幡宮と同じように全国各地にある。オレん家の近くにもあるなぁ。今日は道真が左遷されられた日。今日あたり久しぶりに行ってみっかぁ。

故郷

岩手の生んだ歌人に石川啄木がいるんだが、盛岡の生まれだったりする。正確には合併で盛岡に入ったんで、当時は違ったらしいんだが。

地元には啄木記念館もあって近くに半屋外のプールもあるもんだから何度か行ったことがあるが、どっか寂しげな感じのする詩歌が多いような気がする。一説によると地元じゃ~あんまし待遇が良くなかったみてぇ~だが、それでも故郷は懐かしいし、複雑な感じだったらしい。

今日はそんな啄木が生まれた日。26歳の時、妻や父親、友人に見守られて東京で亡くなったそうだが、その時でもやっぱふるさとに帰りたかったのかなぁ。

雨水

今日は二十四節季の一つ「雨水」。この頃から雪が雨に変わるってことらしいが、オレんとこはまだ雪で真っ白だったりする。

確かに寒いのは嫌だが、オレは雨よっかは雪の方が好きだなぁ。理由は簡単で、雨だと傘を差さなきゃなんねーが、雪だと帽子さえかぶってりゃ~大丈夫だかんなぁ。もっとも、雪よっか晴れてる方がず~っといいことには変わりねーんだが。

それんしても、オレん所の春にはまだ2ヶ月くれぇ~ある。早く春が来ねーかなぁ。待ち遠し過ぎるぜ。