法則

ごくわずかな富の増加から得られる満足度はそれまで保有していた財の数量に反比例する

これって、考えてみれば当然だよなぁ。100円しか持ってねー奴が50円玉拾った時のうれしさと、100万円財布に入ってる奴が50円拾ったときのうれしさは全然違うだろうかんなぁ。すんげー当たり前のことだと思うんだが、法則化されてから300年も経ってなかったりする。普段当然と思ってることでも、学問的に認められるのって遅いことがあるらしい。やっぱ、そういう意味から言っても、人間の直観ってのはすんげーんだろうなぁ。

今日はこの法則を発表したベルヌーイが生まれた日。彼はこんな常識的なことを、なんで法則にしようと思ったんかねぇ。思いついたこと自体がすんげーと思うが。