転勤

今日で平成29年度も終わりだよなぁ。オレも転勤することになってて、週明けから別のところに出勤することになっている。

オレんところは結構転勤が多くて2・3年くらいで変わるのが普通。あんまし変わり過ぎるのも何だとは思うが、オレみたいな飽きっぽい奴にとってはいいのかもしんねーなぁ。いつもいろんなこと覚えなきゃなんなくて、暇してる時間がねーかんな。

今度行くところは前にもいたことがあるんだが、当時の奴らはもういねーかんなぁ、やり方がすっかり変わってるかもしんねーな。まっ、新人のつもりで一から頑張ってかねーとな。

禁止

タバコと酒は20歳未満禁止だよなぁ。前から不思議だと思ってんだが、なんで年齢で違うんだろうなぁ。健康に悪いっていうんだったら、全国民一律に禁止すればいいだけのような気がするんだが。

まぁ、若いうちは害が大きいからっていうことも言われているが、それもどうかなぁって思う。っていうのは未成年飲酒禁止法が出来たのは96年前の今日。この100年近くの間に日本人の体格も文化も大きく変わってきたのに、禁酒年齢は変わっていない。ひょっとして20歳にするって明確な根拠がないってことなんかねぇ。

今度成人年齢は引き下げられるようだが、飲酒・喫煙は変わらないらしい。やっぱ、どっか理屈が不足してるような気がするなぁ。

制限

日本で初めて労働時間が制限された時、一日の労働時間は12時間で月2日の休みだったらしい。っていうことは、週に直すと66時間勤務くらいの計算になる。この66時間制限ってのも15歳未満限定。今は週40時間だから昔に比べたら半分ちかくになってるってことだよなぁ。それだけ働き方が変わってきてるってことなんだろうな。

最近、働き方改革ってこってさまざまなパターンを認めようとする動きがある。働く人の事情はさまざまだから、いろんなパターンがあっていいとは思う。でも、いろんなところで働いてる奴をみると、どうも自分の働き方に納得できてねー奴も多い気がしている。100%納得することはできなくても、仕方ないなぁと思えるくれぇじゃねーとな。

今日は15歳未満の12時間労働制限が決められた日。やっぱ、最低限の歯止めはどっかで確保しておかねーとな。

情熱

50年前の今日、東京大学の卒業式が学生運動で中止になったらしい。当時の学生運動はすごかったらしいかんなぁ。

でも、卒業式に出れなかった奴ってどんな気持ちだったんかなぁ。学生運動に共鳴して仕方ないと思ったのか、それとも、大学最後の思い出が苦い思い出になって残念だったのか。オレん場合は普通に卒業式が行われて行ったはずなんだが、全然記憶に残ってなかったりするが。

外国では今でも似たようなことが起こっているらしい。若い情熱と静かな理性と、どっちが優れているかなんて分からないけどな。

公平

「9・6・4(くろよん)」って何のことだか知ってるっかぁ。所得税の額って所得額の多さによるんだが、国が所得をどれだけ把握しているかってのの俗語。

それによれば、サラリーマンは9割、自営業者は6割、農林漁業は4割って言われているらしい。まぁ、サラリーマンは会社から支給されている額が明らかだかんなぁ。農林漁業なんかは費用にいくらかかったかよく分からないところがあるもんだから、実態の4割くれぇしか分からないだろうって言われている。同じ、国民なのに不公平な感じがするよなぁ。

今日は、最高裁でサラリーマン税金訴訟の判決があった日。違憲ではないってことだけど、やっぱ不公平な感じがするよなぁ。把握の仕組み自体を変えなきゃダメなんじゃねーかなぁ。

兵器

戦争に使うのって物理的な力なのかと思ってたら、最近はサイバー攻撃とか生物兵器とかいろいろあるみてぇだよなぁ。まぁ、相手方に被害を与えるもんなら何でも該当するのかもしんねーが。

いろんな人がいて、いろんな国があって争い事が起こるのは仕方ねーと思うが、相手を困らせて言うこと聞かせるってのはなぁ。どこの国でも国民同士がそういう争いを防止しようと取り組んでいるんだが、国同士のこととなると話は違うらしい。どっかおかしいよなぁ。国同士が困らせ合うことが適法なら、人同士が困らせ合うことも合法だと思うんだが。

今日は生物兵器禁止条約が発効した日らしいが、手段だけを禁止してもなぁ。

高炉

製鉄所って言えば、真っ赤に融けた鉄が大きな釜から流れ出てくるってイメージなんだが、高炉がない製鉄所ってのもある。

岩手の釜石には世界文化遺産にも登録されている橋野遺跡があって、良質の鉄鉱石が取れることから明治時代から製鉄所が置かれ鉄の生産が行われてきた。うんでも、三陸海岸って平地がほとんどなくて、大消費地からも遠いとかの課題もあって、戦後だんだん規模が縮小していった。まぁ仕方ないことなんだろうなぁ。

29年前の今日は釜石製鉄所の高炉の火が消えた日。やっぱ時の流れなんかねぇ。寂しいような気がするがなぁ。

分立

三権分立って民主政治を行うための基本的な仕組みと思うんだが、何かの拍子でおかしくなることとがある。

その一つが85年前のドイツ国会で成立した全権委任法。法律を作って国の基本方針を決めるはずの国会がその権限を行政府に譲りわたしてしまった。政権による議員への恫喝があったようだが、それんしてもだよなぁ。

反対しなかった奴を非難するのは簡単だが、反対すれば殺されるって状況の下で反対しなかったのが悪いっていうのもなぁ。社会全体で、そんな風潮にならないように気付けてかねーとダメなんだろうなぁ。

往来

飛行機の発達によって世界の人々の往来が盛んになって、インターネットの発達で世界中が瞬時に繋がるようになった。

人や情報の往来が盛んになっていろんな問題も起きているが、基本的に人々の生活を豊かにする助けになってると思う。中には、外からの情報を遮断する政策を取ったり、そもそも外国人が来ることを制限する国や地域もあるが、そういう所って内部に何らかの問題を抱えているように見える。

日本でも、外との往来を制限しようとする時期が何度かあった。江戸幕府の鎖国制度とか。国を維持するために必要という判断だったんだろうが、どうだったんだろうねぇ。日本文化の醸成っていう利点があったのかもしんねーけど。

今日は、江戸幕府が海外に出かけて行った日本人の帰国を禁止した日。帰れなくなった人がどのくらいいたかは分からないが、幕府をすんげー恨んだんだろうなぁ。

今日は「世界水の日」らしい。日本じゃどこの家庭にも水道があってひねると水が出るのが普通って感じなんだが、毎日何キロも先の川に水汲みに行かなきゃなんないとか、世界中にはそうでない地域も未だ多い。

遠くまで水汲みに行くことが悪いことなのかって言われると、そう単純ではない気もするんだが、少なくとも、もっと他にしなければならないことがあると考えている人にとっては、解決しなければならない重要な問題の一つなんだろうなぁ。

世界中のこういう不便さを少なくしていくために、オレにもできることを少しずつでもしてかねーとな。