違い

違いって悪いことなんかねぇ。それともいいことなのか。どっちもあるとしたら、その違いはどこになるんだろうねぇ。

53年前の今日、血の日曜日事件って人種問題を根とする事件がアメリカで起きている。無抵抗のアフリカ系住民のデモを警官隊がこん棒なんかを使って阻止したんだが、その時の傷がもとで一人死亡し、17人が怪我で病院に担ぎ込まれている。なぜ、こんなことが起こるんだろうねぇ。好き嫌いってのはあるにしても、こんなにも嫌悪することはないと思うんだが。

一方で、オリンピックの金メダリストはヒーローにされる。違いって言うことからいえば、その運動の能力がすんげー高いってことなんだが、こういう違いは「良い違い」らしい。

こういう問題は、世界中に未だに根強く残っているように見える。「良い違い」「悪い違い」って何なんだろうねぇ。