調整

見えざる手により、需要と供給が自然に調節される。といったのは経済学者のアダム・スミスらしい。見えざる手というのは、市場が本来もっている機能のことを言っているらしいが。

確かに欲しい奴が多ければ多く作られるようになって値段が下がるだろうし、その逆もありそうに思えるんだが、実際は全てを市場に任せるといった具合にはなっていない。まぁ、理屈では分かるが、世の中そんな単純なことじゃないってことなんだろうなぁ。

今日はアダム・スミスの国富論が発行された日。やっぱ、実社会って頭で考えるよっか、ずっと複雑なんだよなぁ。