7年

大津波が三陸沿岸を襲ってから7年になる。今でも応急仮設住宅で苦労している方々もいるんだが、なんかみんなの記憶が薄れちまってきているような気がしてならない。

一時は節電だ、防災グッツだってあれだけ騒いでいたのに、あの熱気が海のかなたにでも消えて行っちまったんかねぇ。確かに、「忘れる」ってことも不幸な出来事を通り過ごす人間の知恵だとは思うんだが、忘れていけないことだってあると思う。津波なんて、繰り返し来るもんだかんなぁ。

今日くれぇはみんなで思い出して、みんなで備えていかねーと、亡くなった方々の無念が報われないような気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です