内包

東京の回向院って知ってるっかぁ。江戸時代の振袖火事で犠牲になった人々を追悼するために幕府が作った寺院なんだが、その後の大災害で犠牲になった人々も供養されている。

もち、そういう寺院なもんだから、あらゆる宗派ばかりじゃなくて、人間以外のあらゆる生命を供養するってお寺になっている。オレは、これって日本人の美徳の原点じゃねーかなぁって気がしている。あらゆるものを内包できる社会・仕組み、それって大事なことだよなぁ。

最近、いろんな問題が起きてきているが、この美徳を少しでも取り戻すことができれば・・・って思うのは甘いんかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です