廊下

今日は浅野内匠頭が江戸城の松之大廊下で吉良上野介を切りつけた日らしい。城内で刀を抜くのは御法度らしかったんで、即日切腹になっちまったらしいが。

よほど耐え難かったんだろうなぁ。こういう感情は生存本能に大本があって理屈を凌駕しちまうらしい。そりゃ、危ないって瞬間に頭で考えていたんじゃ、間に合わないだろうから合理的な仕組みなんだろうなぁ。

うんでも、終わってからどう思ったんだろうねぇ。恨みは晴れたかもしんねーが、家臣や家族のことが心配だったんじゃねーんかなぁ。理屈と感情どっちも大切だが、うまくいかねーもんだよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です