達筆

日本で書の名人っていえば空海とかが有名だが、中国で有名なのが王羲之。楷書の達人と言われている。その中でも傑作って言われているのが「蘭亭序」ってやつ。

今でも書道の手本にされてるんで、写真で見たことはある。確かに整ってるって感じなんだが、オレにはイマイチその価値が分からなかったりする。活字の方がよっぽど整ってるように見えるんだが、やっぱ芸術となると観点が違うんだろうなぁ。

今日は、王羲之が蘭亭序を書いたってされる日。やっぱ、オレには芸術は向いてねーんだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です