今日はオレの何回目かの誕生日だったりする。でも、誕生祝いをするような歳でもねーし、な~んにもねー普段どおりの一日だったりするんだが。

まぁ、学生ん頃までは仲のいい奴らが祝ってくれてたりしたんだが、社会人になってからはトンとねーなぁ。まぁ、普通はそんなもんなんだろうが。でも、「歳を取る」ってのは「残ってる寿命が少なくなる」って意味らしいから、そういう意味では祝うようなもんではねーんだろうけどな。

とは言え、何もねーのも寂しいなぁ・・・帰りにコンビニでケーキでも買ってくっかぁ・・・って、それも侘しいなぁ。

知識

知識は力なり (フランシス・ベーコン)

確かに「知ってる」ってのは相手を説得するにしても、言い負かすにしても根拠にできる。うんでも、それって相手より有利だって意味でしかないんだよなぁ。もちろん、学問的に議論しようっていうんなら、それでいいんだろうが、生活してく上ではどうなんだろうなぁ。

知識よっか相手の思いを汲み取る力の方がずっと意味があって、お互い豊かな生活ができるような気がするんだが。

今日はベーコンが瞑目した日。やっぱ、最後まで知識が力だって思ってたんかなぁ。確かに、力の一つには違わないとは思うんだけどな。

 

甘茶

今日はお釈迦様が生まれた日で、灌仏会って仏像に甘茶を掛けてお祝いする日。もっとも、日本だけが新暦でやってて、他の国は旧暦でやるらしいが。

うんでも、オレ、甘茶ってのを飲んだことがなかったりする。甘茶っていうくれぇだから甘いのには間違いがねーだろうし、物の本によれば、抗アレルギー作用、歯周病にも効果があるらしい。そんないい物であれば、すぐにでも流行りそうなもんなんだがなぁ。不思議だ。

どっか、大きなデパートにでも行けば売ってるんかねぇ。一度探してみっかぁ。

名前

鎌倉時代の次って室町時代だよなぁ。鎌倉に幕府があったから鎌倉時代って言うんだろうが、室町時代ってのは室町に幕府が出来たからってことではないらしい。

京都の室町に幕府が移されたのは足利三代将軍の義満の時代で、室町幕府が成立してから42年経った後。うぅ~ん、それまで室町に幕府がなかったなら何時代なんだろうねぇ。いっそのこと足利時代とかって名前を変えた方がいいような気がしねーでもねーがなぁ。

今日は、義満が花の御所と呼ばれた室町殿に幕府を移した日。尊氏と義詮は室町将軍じゃなかったんかなぁ。

公道

天地の公道に基くべし

偏狭な考え方に捉われることなく、誰が見てもおかしくないやり方を取れって、至極もっともな考え方だよなぁ。これ、五か条の御誓文の中に出てくる言葉。詳しくは、頭に「旧来の陋習を破り」って言葉が付くんだが。

でも、明治維新の時、なんでこの言葉が出てきたんかねぇ。幕府のやり方は偏狭だったってことなんかねぇ。あれだけの政変だから、前の政権を否定するってのも立場上必要なんだろうけど、わざわざ5つの基本原則の一つに入れる必要があったんかなぁ。それとも、前政権の否定じゃなくて、引き続きこれは最重要事項の一つだってことだったんかねぇ。

今日は五か条の御誓文が発布された日。当時の偉い人たちはどう考えていたんかねぇ。

巨像

モアイ像って知ってるっかぁ?太平洋の小島に高さ5メートル以上もある顔の石像が林立しているらしい。

これが、中国とかエジプトとか人が大勢いる地域の遺物だったら分からないこともなくはないんだが、海岸が60キロしかない小島だぜ。そんなにたくさんの人が暮らしていた訳でもねーと思うんだけどなぁ。どうやって作ったんだろうなぁ。すんげー不思議。

今日は、そんなイースター島が発見された日。最初に見た西洋人はすんげーびっくりしただろうなぁ。

今日は3月3日のひな祭りと5月5日の端午の節句の間だから、トランスジェンダーの日だってのは分かる。うんでも、なぜかどら焼きの日でもあるらしい。どっかのHPに「桃の節句と端午の節句に挟まれてるから」って書いてあった。

うぅ~ん・・・挟まれているから「どら焼き」って何か苦しいような気がするがなぁ。それだったら、サンドイッチの日でも最中の日でもいいよなぁ。ど~してどら焼きになったんだろうねぇ。まっ、オレはどら焼きも好きだから別にいいんだが。

帰りにコンビニでも寄って、買ってくっかぁ。もちろん栗入りのやつな。

続き

連続テレビ小説ってすんげー人気らしいなぁ。オレ、テレビはあんまし見ねー方だからよく分からねーが、1回の時間が短いから話の回転が速くて面白いんかなぁ。

うんでも、回数の多い短編だと話しの区切りをたくさん作らなきゃなんねーだろうし、毎回、「次はどうなるんだろう。」って期待持たせなきゃなんねーだろうし、脚本家は大変そうだがなぁ。名作の映画なんてんはたいてい長編だし、そっちの方がある意味じっくり作れていいような気もするが。

ともあれ、連続テレビ小説は57年前の今日始まったらしい。一度、録画でもして見てみっかなぁ。

信じる

人を信じることは人を救ふ。

他人の心の中って分かるようで分からないもんだよなぁ。他人どころか自分の心の中が分かってるかってのにも疑問符が付くような気がするが。

でも、他人を理解することはできなくても信じることはできる。疑い始めると切りがない。一人が一人を信じることが出来て、それがどんどん波及していけば、世の中全体が幸せになるような気がするがなぁ。

冒頭は、62年前の今日亡くなった高村光太郎の言葉。オレは死ぬまでに何人の人を信じ切れるんだろうなぁ。

朔日

月の一番最初の日のことを朔日って言って、「4月朔日」ってのは「4月1日」ってことなんだが、「四月朔日」って姓があるって知ってるっかぁ。

知り合いにいるんでオレは知ってたんだが、「わたぬき」って読むらしい。訓読みでも音読みでもそう読めないと思うが、なんでも4月1日頃になると暖かくなって綿入りの着物を着なくなるから、「綿抜き」って意味でそう読むらしいぜ。

これって、4月ばかりじゃなくて8月もあるらしい。「八月朔日」は「ほづみ」。稲穂を摘む頃ってことらしいなぁ。日本人の姓って、ほんといろいろあるよなぁ。

今日はエイプリルフールだから騙してやがると思ってるかもしんねーが、これは本当のことだぜ。