真意

愛されるより恐れられよ

これマキャベリの言葉と言われる。確かに、恐れられた方が裏切られる危険は少ないだろうかんなぁ。分かるような気がする。いざとなったら恐怖の方が力があるかんな。

でも、この言葉って前がある。「どちらか一つをあきらめるのであれば」ってこって、もともとは「愛されつつ恐れられる(畏怖される)のがいい」って主張らしい。そうだよなぁ。これだったら腑に落ちるよなぁ。最近、何か文章の一部だけを捉えて、本来の主張が伝わっていない例って多いような気がしてる。気を付けねーとな。

549年前の今日はマキャベリが生まれた日。権謀術数の権化みてぇに言われるけど、本当はどんな奴だったんだろうなぁ。