焚書

ある考えを否定するのに一番のやり方って無視することだと思う。相手から無視されると、反論しようもねーし、どうしようもねーかんなぁ。

うんでも、そういうものは無くしてしまおうって考えるのが世の常識らしい。古くから焚書とか学者の処刑なんて方法で言論統制が行われてきた。一番有名なのが秦の始皇帝かなぁ。あんまし効果はなかったみてぇだが。それに、今日はナチスドイツで焚書が行われた日。こっちもあんまし効果がなかったみてぇだけどな。

でも、無視するのも無くするのも人としてどうかと思う。十人十色だから違っても当然。問題は互いの違いを許容できるかどうか。これって、健全な社会を成り立たせるため必要条件だと思うんだけどな。