保護

自分の国の経済が上手くいかないと高い関税をかけて、外国の企業から自分の国の会社を守ろうとするよなぁ。

まぁ、ある面仕方がねーっていう部分はあるんだろうが、度を越しちまうとロクでもねー結果になることが多いようだ。

88年前の今日、アメリカでスムートホーリー法が成立して40%の高関税が掛けられた。当時国内の株価が暴落したんで、その対策って意味もあったらしいんだが、結果的にアメリカに輸出できなくなり、諸外国の経済が破たんし、世界恐慌を悪化させ、アメリカに跳ね返ってきた。

やっぱ、自分のとこだけ・・・って考えると、ダメなんだろうねぇ。最近、同じような動きがあるようだが、大丈夫なんかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です