地方

今は都道府県とか市区町村とかってのが地方の区分けになってるが、この区分けの基準って何なんだろうねぇ。地形かなぁ、それとも、人々の活動範囲とかなんかねぇ。まぁ、いろんな要素が絡み合っているうんだろうなぁ。

幕藩時代だと藩ごとってのが一つの区分なんだろうが、その前だと国郡制なんだろうなぁ。これも、社会がだんだん複雑になってきて、時代が下がるにつれて分割されていくってのは分かりやすいんだが、そうでもない例があるらしい。例えば、諏訪国。もともと信濃国の一部だったんだが、一時期、諏訪国として分立してたことがある。でも、10年で元に戻っちまった。どういう事情だったんかねぇ。

今日は、1297年前の今日は諏訪が信濃国から分割された日。まぁ、長野県も元々広い県だから分けたってのも自然だったのかもしんねーが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です