決まり

ガキの頃から、決まりを守るのは当然って教えられたんだが、どうなんだろうねぇ。まぁ、悪法も法だからってのも分からないことはねーし、例外を認めると社会が成り立たなくなるってのも分かるんだが。

戦中戦後の食糧難の時代に食糧管理法ってのがあって、国が管理配給するって仕組みになってたんだが、もともと食糧難だったもんだから配給だけでは生活できず、国民は闇ルートの食糧を調達していた。うんでも、それはいけないってこって、一人の裁判官が配給食糧しか食わないことを徹底して、その結果、栄養不足で死んじまった。国民を生かすための食糧分配だったはずなんだけどな。

今日はその裁判官が亡くなった日。決まりは、どこまで守ればいいもんなんかねぇ。このエピソード聞くと分からなくなっちまうよなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です