小包

今、どこに居てもインターネットと繋がるようになったよなぁ。昔は回線を契約したホストコンピュータに繋いで通信してたんだが、今ではどこのコンピュータにもインターネットで繋がるもんなぁ。それだけ便利になったってことなんだろうなぁ。

インターネット通信って、それまでの通信とどこが違うかっていうと、データを小さく分けて、それぞれ行先の荷札を付けて、バラバラに送るってことにあるらしい。うんだから、一つの回線で多くの奴のデータを混ぜて運べるって利点がある。パケット(小包)通信って言うらしいんだけどな。

最初にパケット通信を思いついた奴ってすんげーよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です