民主的

ルネッサンス期の名家としてメディチ家ってのがあるよなぁ。この家、ローマ教皇を出したりした名門貴族なんだが、一度、地元のフィレンツェから追放されたことがある。

当時は、僭主として市政を動かしてたらしいんだが、外交問題で失敗して、市民に追放されたらしい。その点だけからいうと、当時のフィレンツェは民主的だったと言えなくもねーよなぁ。失敗した奴を排除するってのがいいのかっていうと、ちょっと疑問符が付かなくもないが。

有能な政治家の基準って何なんだろうねぇ。少なくともポピュリズムオンリーって訳じゃねーだろうが、その時その時の住民の意向って、どの程度反映されるべきなんかねぇ。今日はメディチ家がフィレンツェから追放された日。まぁ、その後で復権して領主にまでなるんだから、大したもんなんだけどな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です