作る

作るってなんだろうねぇ。物だと、いろんな加工をして役立つようにするってことなんだろうが、小説とかも作るだよなぁ。

物の場合、すっかり同じ物を作っても「作る」っていうが、小説とかの場合は同じ文章を書いても「作る」とは言わないよなぁ。ってことは、「作る」には二つの意味があって、無体物の場合は、今までに無いものを生み出すってことなんだろうなぁ。いっそのこと、漢字を別にして使い分けた方がいいと思うんだが。物でも、今までに無いもののときは小説とかと同じ字を使って、大量生産する場合は別の漢字とか。

今日は、東京地裁でコンピュータプログラムが著作物として認められた日。これだって、言葉の使い分けがはっきりしてりゃ、すぐ認められたような気がするんだが。