二重

今日は、鎌倉幕府が守護・地頭を置くことになった日らしい。幕府とすりゃ、日本全土を統治する仕組みとして必須だったんだろうけどな。

でも、日本には当時律令制度があって、国司とか郡司とかが既に置かれていて、それに併置する形で置かれることとなった。まぁ、いろいろあって、名目上は機能を分けたらしいが、結局、国司とかは全く機能しなくなっちまったらしい。うんだったら、黙って、国司・郡司の任命権を幕府に与えた方が効率的だと思うんだが、いろんな都合があったんだろうねぇ。

なんか、日本ってこんなことが多いような気がするんだよなぁ。やっぱ、そういう文化なんかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です