遷都

さまざまな理由で遷都って行われてきたよなぁ。敵に追われて遠くに都を移したって例もあるし、縁起を担いて動かした例もある。

日本では、今日の日付で2回遷都が行われている。1回目は、百人一首でも有名な持統天皇が飛鳥浄御原宮から藤原京に遷都する。これは夫であった天武天皇の意思を引き継いで遷都したらしい。もう1回は、桓武天皇が寺社勢力を嫌って長岡京に遷都している。

まぁ、それぞれもっともな理由があったんだろうが、どうなんかねぇ。個人で引っ越しするんも大変なんに、都全体だかんなぁ。都の人々はどう感じてたんかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です