目出度さもちう位也おらが春

これって小林一茶の句なんだが、情緒があるっていうか生活感に溢れるっちゅうか、身につまされる句だよなぁ。生きているといろんなことがあって、めでたいことがあるからって、無条件に喜べることなんて稀だもんなぁ。

今日は、この句が載ってる句集「おらが春」が出来た日。やっぱ、生きていくって、こういうことなんだろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です