領土

今は世界あちこちで領土争いってのが起きてて、日本でも中国や韓国、ロシアと争っている。うんでも、昔はオレたちが宅地売買するように国同士で領土の売買を行うこともあった。

例えば、アラスカ。150年前にアメリカがロシアから720万ドルで購入したらしい。当時の価値でどのくらいなんだかは分からないが、今のアラスカの重要性を考えると、全然安いって感じがする。

今日はアラスカが売買された日。売買がいいとは言わないが、いつまでも言い合ってばかりいてもなぁ。それこそ、どっちかが訴えると裁判で決まるとかって、スッパリ決められねーもんかねぇ。

FAO

FAOって何だか分かるかぁ?最近、こういうアルファベット3文字がやたら増えて分からねーことが多いんだが、国連の食料農業機関の略称になっている。世界中の人々が食料に困らないようにって設立された機関なんだが、未だに食料に困っている人々は多い。

余るところには腐るほどあるのに、ない所には今晩のパンも覚束ない状態。グローバル化ってこって、世界中がどんどんつながっているのに、なかなか改善しない。何が間違ってるのかなぁ。どっかおかしいに違いないが。

今日は国際連合食料農業機関が設立された日。みんなで早く解決策見つけねーとな。

引退後

隣の国の前大統領はどうなるんだろうねぇ。なんでも、任期を終えて穏やかに過ごした人は少ないらしいよなぁ。

前の大統領も、大統領職を罷免されて今は裁判待ちの状態らしいが、国民が大統領に求める理想がすんげー高くて、こうなっちまうんかねぇ。前大統領のお父さんも大統領だったんだが、その人はテロで亡くなっている。こんな状態があんまし続くと、大統領になる奴がいなくなっちまうような気もするが、それは余計な心配なんだろうなぁ。すんげー権力を持ってるらしいかんな。

54年前の今日は、前大統領の親父さんがクーデターで大統領に就任した日。うんでも、娘のこんな将来は全然予想してなかったろうなぁ。

皇帝

皇帝っていうと、オレは中国の皇帝とかハプスブルグ家とか、オスマン帝国って旧大陸のイメージがあるんだが、そうでもないらしい。まぁ、多くの民族(国)を従えるのが皇帝だとすれば、どこの大陸に居たっておかしくはないし、実際居たと思うんだが。

でも、日本の世界史教育の影響なんかねぇ。旧大陸以外の地域が世界史の教科書に登場するのは、かなり新しい時代になってからだかんなぁ。その地域は、それ以後の歴史しかないように見えちまう。これって、事実の問題じゃなくて、教育の問題だよなぁ。ここら辺も改めてかねーと、いつまでだっても偏見が無くならないような気がするんだよなぁ。

今日は、ポルトガル国王がブラジル皇帝として即位した日らしいが、アメリカ大陸にも、これより前にも多くの皇帝がいたんだろうなぁ。

帰省

普通、故郷に戻るってうれしいもんだよなぁ。地元に残ってるダチと久しぶりに遊んだり、学校へ通った道を歩いて懐かしんだり。

うんでも、そういう帰省でないことがあった。まぁ、故郷に悪い思い出があって、戻りたくないって奴も数の中には一人二人はいるんだろうが、そうではない帰省。

第二次世界大戦が激しくなると学童疎開ってこって、小学生とかは親と離れて、田舎に避難した。国が勝つまでの我慢ってことだったんだろうが、小さな子供たちにとってはすんげー辛かっただろうなぁ。

うんでも、もっと辛かったのは戦争が終わって帰ってきた時じゃなかっただろうか。家は焼け落ち、多くの子どもの親たちは亡くなっていた。子供たちも、その両親たちも何も悪くねーのにな。

今日は、疎開した学童が戻り始めた日。二度と、子供たちをこんな目に遭わせるべきじゃねーよな。

甘え

「子に過ぎた親なんていない。親に過ぎた子もいない。」

「トンビ」が「タカ」だっけっか、そんな言葉もあるんだが、この本にはこんなセリフがあった。普段家族と一緒に生活していると、お互い「うるさいなぁ」とか「言うこと全然聞かねーなぁ」って思うことばかりだが、それって、知らない間に甘えてるんかもしんねーなぁ、家族だったらオレの言うこと聞くのが当たり前だって感じで。

それが自然なのかもしんねーが、たまには文句ばっか言ってねーで、自分の行いを振り返ってみることが必要なんだろうなぁ。これ読んで、そんなこと思ったぜ。

忍者

忍者っていうと黒い装束をつけて、身軽に飛び回る諜報員ってイメージなんだが、実際はどうだったんだろうなぁ。諜報って作戦の基盤にはなるが、主役にはなり難いかんなぁ。

江戸幕府では御庭番ってのを作って、大名とかをスパイさせてたらしいが、身分自体は低かったらしい。まぁ、すんげー手柄を挙げた奴は例外的に出世もできたらしいが。

今日は幕府が御庭番を作った日。映画みてぇ~に、今の企業には産業スパイってのが実際にいるんかねぇ?そいつらの待遇ってどうなんだろうなぁ?

革命

革命ってのにもいろいろあるみてぇ~だが、中国では文化大革命ってのが行われて、国内が混乱に陥ったことがあるらしい。なんでも、ある考え方に服従しないと思われる奴らを公開吊し上げにしたらしいが。

考え方の多様性を認めない社会って衰退するしかねーと思うんだが、文化大革命も結局は大きな混乱だけを残して終わっちまった。

今日はその首謀者が逮捕されて、文化大革命が終わった日。どうだろう?今の日本の社会は、十分な多様性を確保できてるんだろうか?

 

ペン

「ペンは剣よりも強し」っていうが、第一次世界大戦への反省から世界の物書きが集まってペンクラブが作られた。

いろんな考え方を自由に発信することが妨げられないようにすることで、平和に寄与しようとしたんだろうなぁ。うんでも、第二次世界大戦は避けられなかった。なんでだろうなぁ。発信する自由ももちろん大事だが、それを受けて、一人ひとりが自分の中で考えること、それがより重要だと思う。

今日は国際ペンクラブが出来た日。もう世界大戦は起きて欲しくねーよな。

黙祷

会社とかで関係者が亡くなると黙祷ってやるよなぁ。最近、オレんとこでもあって、みんなで黙祷したんだが、ち~っくらやり方に疑問があったりする。

社内とかで、みんなが十分知ってる方が亡くなったんなら、すぐに黙祷ってのも分かるんだが、外部の人が亡くなった場合とか、会社との関係だとか、いろんなこと教えてもらってからじゃねーと、黙祷しても意味がねーよなぁ。

この前のパターンがそれ。名前は知ってるが、よくは知らない方が亡くなって、亡くなった日と名前だけがアナウンスされて、すぐ黙祷になった。これじゃ~、目を瞑ってだけで、本当の意味の黙祷になんねーと思うんだけどなぁ。