始まり

今日は中華帝国で初めての皇帝となった秦の始皇帝が生まれた日らしい。

いろんな評価があるみてぇだが、あれだけの広大な土地と人民を統治するためには強力な権力統治が必要なんだろうなぁ。結局、清が滅亡するまで長い間この制度が維持されてきた。

今では違うが、中央集権的な体制は維持されてるみてぇだもんなぁ。そう考えると、みんなで顔付き合わせて話し合いで決める感じの民主主義は、大きな国には向かないんかもしんねーなぁ。

代議制もいろいろ問題があるみてぇだし、なかなか上手くいかねーよなぁ。

規則性

ものには規則性ってのがあるんかねぇ。まぁ、違うものでも似たようなものって結構あるからなぁ。

周期律って知ってるっかぁ?名前は知らなくても、元素記号が並んだ表はみたことあるよなぁ。水素、ヘリウム・・って並んでる表。あれ、元素周期表って言うんだが、あれを発見したのがロシアの化学者でメンデレーエフっていう人。なんでも、いろんな元素を調べて並べていくと周期的に同じような性質の元素が出てくるってのを発見したらしい。元素でもそうなんだから、何でもそうなのかもしんねーなぁ。

今日はメンデレーエフが、この周期性を発見した日とされている。見つけた時は、すんげー興奮しただろうなぁ。

理由

今日は寒天の日らしいが、なぜ今日になったかっていうと、なんでもNHKの番組で、寒天特集が放送された日ってことらしい。

語呂合わせもどうかって気もするが、テレビで放送されたからってのも、あんまし理由になってねーような気がするんはオレだけかねぇ。まぁ、年に1回記念日を作るってことからすれば、いつでもいいんだろうが、もうち~っともっともらしい理屈があれば、素直に納得できるような気もするんだがなぁ。無かったんかねぇ。

まっ、オレは、ところてんとか寒天が好きだから、別に何月何日でもいいんだけどな。

宝っていうと、宝石だとか絵画だとかの物って感じなんだが、ものじゃないものも宝らしいなぁ。伝統芸能とか。

とすると、宝って何なんだろうねぇ。珍しいものとか、みんながいいと思うものって感じなんかなぁ。でもいいと思うものってすると、すんげー範囲が広がりすぎるような気もするよなぁ。結局、みんながそう思うかどうかってことだけで、基準ってのはねーんかなぁ。不思議だ。

64年前の今日は初めて人間国宝が指定された日。宝となる技能を持った人って意味なんだろうが、でも、国の宝じゃない「人」っているんかねぇ。

出汁

今日はチョコレートの日らしいが、煮干しの日でもあるらしい。日付のゴロ合わせで決まったらしいがな。

煮干しって出汁だよなぁ。うんでも、オレん家ではそのままお椀の中に入って出てくる。オフクロに言わせるとカルシウムの補給のためだっちゅ~ことだが、なんか苦いだけであんまし美味いもんだとは思わないんだけどなぁ。

まぁ、文句を言うのも面倒だから、そんまま食ってるが、やっぱ、出汁は出汁だよなぁ。

目出度さもちう位也おらが春

これって小林一茶の句なんだが、情緒があるっていうか生活感に溢れるっちゅうか、身につまされる句だよなぁ。生きているといろんなことがあって、めでたいことがあるからって、無条件に喜べることなんて稀だもんなぁ。

今日は、この句が載ってる句集「おらが春」が出来た日。やっぱ、生きていくって、こういうことなんだろうなぁ。

カレー

今日はボンカレーの日らしい。51年前の今日、レトルトパックのカレーが日本で発売されたとか。

オレ、実家を離れて勤務してた時は、料理が出来ねーもんだから、毎日食ってたなぁ。うんでも、ボンカレーってあったかなぁ。たくさん種類はあったような気がするが、ボンカレーってのは見た記憶がねーなぁ。まぁ、50年も経ったから無くなっちまったのかもしんねーが。

久しぶりに、今晩食ってみっかなぁ。どれが美味いんだろうなぁ。

紀元

今日は建国記念日で休みだよなぁ。なんでも、初代天皇の神武天皇が即位した日らしい。

今年は譲位があって年号が変わるらしいが、いろんなところに影響が出るらしくて和暦表記を止めて西暦にしているところも多いらしい。でも、西暦ってキリストの誕生日が起源だよなぁ。それを日本で使うんも何な気もするが。

日本でも長く使える紀元もあって、それでいうと今年は2679年。神武天皇即位紀元っていうんだけどな。うんでも、これだと海外で通用しねーだろうかんなぁ。やっぱ、西暦が無難なんかなぁ。

使用

今日は「2(ふ)10(とう)」で封筒の日らしい。インターネットのせいなんだか、スマホのせいなんだか、最近手紙を書くってことも滅多になくなっちまったよなぁ。

封筒の役割も、手紙を入れるってのよっか、お金を入れる「のし袋」だとか、本とかの物を入れるためのものって感じになってきてるような気がする。まぁ、電子の方が瞬時に届くし便利なことは便利なんだが、やっぱ、手紙、それも手書きのものって独特な意味があるような気がするんだよなぁ。

オレん近くには手紙博物館ってのもあるが、やっぱ、こういう文化って残してかねーとダメなんだろうなぁ。

「吾輩は猫である」って小説があるよなぁ。猫の目からみた人間生活ってすんげーアイディアなんだが、これ考えた夏目漱石ってすんげーよなぁ。

そういやぁ、家政婦は見たとかってドラマもあったよなぁ。直接の当事者じゃなくて、ちょっと離れた立場から見た描写ってのは独特な面白さがあるよなぁ。やっぱ、あんまし利害関係がねーから覚めた目で眺められるってのがポイントなんかねぇ。

今日は、夏目漱石が生まれた日。やっぱ、天才って目の付け所が違うよなぁ。